マタニティ・産後ケア通信

マタニティ整体・産後整体(骨盤矯正)産後ケア(回復ケア)ユーファイ・ドゥーラ
出張エリア:東京都中央区「勝どき駅」からご自宅最寄り駅まで30分圏内

出張・滞在可能時間:平日10:00〜17:00

公式サイト:osantosango.com

お問合せ:031035@osantosango.com

最新予約状況はこちら

2017年3月16日木曜日

認定産後ドゥーラが集うの巻

一般社団法人認定産後ドゥーラでもあるタグチヨシノです。

ドゥーラ協会設立5周年記念の集いに顔を出してきました。
まずは産後ドゥーラとは

産前産後の女性に寄り添い、
家事や育児を支える人・職業 です。

私は養成3期なのですが、当日は1〜12期まで勢揃い。
地方在住の方もいました。



私も僭越ながら「事例ケース」で発表させていただきました。
ドゥーラは基本、個々で動くのですが、ご利用者さまの依頼頻度によっては
複数名で「◯◯さまサポートチーム」を組んで連携を取ることも。
今回はこの経験で得た「チームサポートをうまく活かすポイント」を
みなさんにシェアさせていただきました。

いやー、途中「あと1分です」のカンペが見えてから頭真っ白になったけどね。
スマホにポイントを書き出したのに、うまく繋がらなくてスパークしちゃったけどね。
沈みゆく私を先輩ドゥーラ「つじゆうこ」さん(一緒に登壇してくれた)が優しくすくい上げてくれました。
ちなみに私めは現在、ユーファイのご依頼が多くなってきたため、
新規でのドゥーラサポートは受付終了しております。

事例報告の後はパネルトーク。


「新しい家族とドゥーラのあり方・課題」と題して
一組のご家族とサポートに入ったドゥーラ、
協会理事を交えて談義。

父となった方のトークが面白くて、自分のトーク力のなさに落ち込みました。
ドゥーラだけに向けて話すのはもったいない内容でした。
育フェスとかで話すともっともっと産後ケアが普及するはず!

何はともあれ、久々に同期・先輩ドゥーラに会えて嬉しかったです。

そうそう、産後ドゥーラ養成講座13期受付中です。
詳細はこちらからどうぞ→

産後ケアが当たり前となる世の中になれば、
地球はもっと楽しい場所になるはず!

会場入口で迎えてくれた赤ちゃんドゥーラ。
我が家の3号あたりに着せてみようかしらん。

事例報告で私を温かくフォローしてくれた「つじゆうこ」さんのサイトはこちら→**

★Osan to sango 最新ご予約状況はこちら
★Osan to sango ご利用お申し込みはこちら
誰もが生んでよかった生まれてよかったと思える世界に
Osan to sango
タグチヨシノ





0 件のコメント:

コメントを投稿